PR

日本の金融業界の現状と課題 日本で投資が根付かない理由とは

PR

1、売り手都合の商品開発

金融商品の開発と販売を同じ金融グループで行うため、投資家の資産を増やすための商品を開発するのではなく、販売会社の売りやすく、手数料を稼ぎやすい商品を開発する傾向がある。

2、販売手数料で稼ぐビジネスモデル

ヘッジファンドのように成功報酬を受け取る仕組みでないため、回転売買(短期での金融商品の乗り換えを提案)で、新商品を次々投入することで手数料を稼ぐビジネスモデルから脱却できない。

3、顧客を儲けさせる意識がない

そもそも販売会社は販売時にいくら手数料を稼げるかしか関心がなく、運用会社は管理報酬のみで構成されていため運用パフォーマンスを上げるインセンティブがない。そのため単に預かり資産を増やすことだけに集中し、話題性のある売りやすい商品を販売することになる。日本人の金融資産における投資比率は欧米とひかくし、約1/2~1/3の約15%となっている。(2016年12月22日 日本銀行調査統計局の資金循環の日欧米比較より)

WinWinの関係でなければ成り立たない
私募ヘッジファンドとは?

なぜ、私募形式のヘッジファンドなのか?


私募ヘッジファンドの投資スキーム世界には優秀な運用成績を上げる資産運用会社が存在しますが、これらは私募ファンドといって、投資信託等とは異なり金融機関で取り扱いがないため誰でも購入できるわけではありません。しかし、私募ヘッジファンドは、顧客の資産を増やした金額に応じて一定の割合の「成功報酬」を受け取る仕組み採用しているため、どんな市況局面でもプラスのリターンを確保するべく運用を行います。つまり安定してプラスを出し続け、顧客を儲けさせることを追及する資産運用会社と言えます。顧客とWinWinの関係でなければ成り立たない存在なのです。

私募ヘッジファンドなら「高い利回り」と「低リスク」


投資手法相関図自分で運用する時間がない方は、プロに任せる方法を選択する必要があります。国内ファンド(投資信託)は、長期投資においてベストな商品がほとんどないことから、ヘッジファンドを選ぶ方が増えています。

元本1,000万円×年利10%(実質利回り)×20年間、複利運用した場合


3種類のファインド比較ヘッジファンドへの成果報酬を差し引いた場合の実質利回りを元に年利10%でシミュレーションしています。
※運用数値は年利10%で複利運用時のシミュレーションであり、将来の成果を保証するものではありません。

高利回り×低リスクを実現する3つの投資戦略


投資戦略①
バリュー投資
 バリュー投資(割安株投資)は、短期的な株価の変化に左右されません。企業分析を元に、現在の時価が割安である銘柄に投資をし、中長期的な視点で収益を生むことを目標にします。
 投資戦略②
イベントドリブン投資
企業の買収・合併、リストラ、自社株買いなどの企業活動(コーポレート・イベント)が発生した際、株価が本来の価格に収斂する方向へ取引を行います。
 投資戦略③
アクティビスト投資
株式を保有することで得られる経営参加権を行使し、例えば、不採算部門の整理や未使用の保有地の売却、相乗効果の高い企業買収など、経営の合理化を経営陣と協議し企業価値を向上させることで、投資収益を上げます。

最後に

今回のサイト様のご紹介内容はいかがだったでしょうか?

日本の金融業界の現状やヘッジファンドがどういったものなのか画像を通じてとてもわかりやすく書いておりますので、非常に信頼の置けるサイト様となっております。

こういったサイト様にサポートしていただければ安心して知識の無い投資を学んでいけるかと思います。

先にも書いておりましたがそれが私募ヘッジファンドとなります。

「高い利回り」と「低リスク」最高の言葉です!

利回りだけ頂くなんてこれほど便利なヘッジファンドはないのではないでしょうか?

自分で調べるのは時間もお金もいりますし、せっかくならプロの方にやってもらった方が絶対にいいですよね・・うーん、投資自分もしようかな(笑)

なんだかこのサイト様を見てるとできる様な気がしてきた!

また、下記でもさらに詳しく書いてます。「ご紹介について」や「ご紹介の流れ」についてもご案内しております。
是非興味を持った方は下記で見ていただければと思いますヾ(⌒▽⌒)

ヘッジファンド エージェント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする