【MLB】米メディア特集「ヤンキース史上最悪の12の契約」 ワースト1位は日本人

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542331518/

1: 風吹けば名無し 2018/11/16(金) 10:25:18.12 ID:4C+DluMo0
ニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」は「MLBホットストーブ ヤンキース史上最悪の12の契約」として特集を展開。
1901年創立の名門の歴史で不名誉なワースト1位に選出されたのは、なんと井川慶氏だった。

井川氏は2006年12月に、2600万ドル(約29億5300万円)のポスティング費に加え、5年2000万ドル(約22億7000万円)+出来高の
契約を結び、阪神からヤンキースに移籍。だが、2年間で16試合に登板(13試合に先発)し、2勝4敗、防御率6.66という成績に終わり、
残りの3年間はメジャー登板なし。マイナー生活を余儀なくされた。

「なぜ、ヒドかったのか?」という記事中の寸評には「イガワはメジャーで2年間の惨めなシーズンを送った。彼はさらに2年間3Aで
過ごし、最終年はほとんど2Aにいた。GMのブライアン・キャッシュマンは日本の球団にイガワを売却しようとしたが、イガワが
移籍を拒否した。すべてはレッドソックスがダイスケ・マツザカ争奪戦で、ヤンキースを制した際の条件反射的な出来事だった。
マツザカの補強もボストンにとって、そこまで奏功しなかったわけだが」と指摘している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00249960-fullcount-base

4: 風吹けば名無し 2018/11/16(金) 10:27:14.31 ID:w9mPNL7ba
ケイイガワ定期

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする