中国が2020年に街灯の代わりとなる「人工月」を打ち上げると発表 明るさは本物の月の「8倍」

1ばーど ★ :2018/10/18(木) 13:24:29.48 ID:CAP_USER9.net


中国の歴史的都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工月」を打ち上げて、街灯の代わりに街を照らしてもらおうというのです。

打ち上げの予定は2年後の2020年。その輝きは本物の月の「8倍」ほどになるとされており、直径で10-80キロメートルのエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント “2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国の宇宙開発企業「中国航天科技集団」がこの計画を発表しています。

全文は以下
https://nazology.net/archives/22493

2名無しさん@1周年 :2018/10/18(木) 13:25:11.83 ID:DU0ReaBI0.net

弾けて混ざれ!

51名無しさん@1周年 :2018/10/18(木) 13:32:49.61 ID:FTzEeefo0.net

やっぱり>>2で終わってたか・・・

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする