スーパーナンペイ事件って残酷すぎて犯人が日本人ではないと言われているな

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2018/07/17(火) 19:02:36.23 ID:wi4w/ck+0 BE:194767121-PLT(12001)
東京・八王子市のスーパーで高校生ら3人が拳銃で撃たれて殺害された事件からまもなく23年となり、警視庁は犯人が履いていたと
みられるスニーカーのレプリカを公開し、情報の提供を呼びかけています。
平成7年7月30日、東京・八王子市にあったスーパー「ナンペイ」の事務所で、アルバイトをしていた高校生の前田寛美さん(16)と、
矢吹恵さん(17)、従業員の稲垣則子さん(47)が拳銃で撃たれて殺害されました。

まもなく事件から23年となり、警視庁は、犯人が履いていたとみられるスニーカーのレプリカを公開しました。

現場に残されていたスニーカーの靴痕は広島県のメーカーが製造した六角形の滑り止めがある靴底と特定されていますが、
その後の調べで、靴底から犯人が履いていたのは2社のメーカーが製造したスニーカーのうちのいずれかだと推測されるということです。

1社のものは平成2年から3年にかけて黒、白、青など7色が7800円で、もう1社のものは平成5年から6年にかけて黒と白の2色が
1万2000円で販売されていたということです。

サイズは26センチとみられ、主にデパートで合わせて500足余り販売されていました。

警視庁捜査1課の須山浩道管理官は「当時のホームビデオやスナップ写真を見直してスニーカーに見覚えがある場合、
情報を提供してほしい」と呼びかけています。

情報は八王子警察署、042ー621ー0110で受け付けています。


続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする