衝撃!たった5年でこんなにも変わるプリクラの「写り」と歴史を大公開

1: 2018/12/12(水) 11:55:00.42 ID:ns5GkG4U0● BE:439992976-PLT(16000)

sssp://img.5ch.net/ico/morara.gif
20年以上、JKのダメ出しを取り入れ、生き残ったプリクラ 1300万人が今も400円払って撮る理由とは?〈dot.〉

「プリクラ」を撮ったことがない人はいても、聞いたことがない人はいないのではないだろうか。
それほどまでに、かつて女子中高生を中心に大人も巻き込んで空前の大ブームとなったプリントシール機「プリクラ」だが、
1995年に元祖「プリント倶楽部」が登場して20年以上が経過した近年は、その人気にも陰りが見える。
10月24日には、プリクラシール機大手のメイクソフトウェア(大阪市)が大阪地裁に自己破産を申請。
プリクラ市場が衰えをみせるなか、唯一大手で生き残っている会社がある。
ヒットの法則は、「容赦ない女子高生の声」を20年以上、聞き続けたことだ。

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きは以下より
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00000082-sasahi-ent

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする