【ゲンダイ】指揮官との面談拒否し窮地 巨人ゲレーロはオフにトレードか

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531806065/

1: 風吹けば名無し 2018/07/17(火) 14:41:05.18 ID:iLfE6lELa
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000013-nkgendai-base
 巨人の開幕4番を務めたアレックス・ゲレーロ(31)が“本性”を現したことで、チームでの立場が危うくなってきた。

 コンディション不良のため、6月15日に登録を抹消されたまま1カ月が経過。球宴期間中の14日の練習日に高橋由伸監督(43)と今後を話し合う予定だったが、これまで首脳陣が対話の機会を持たなかったことに腹を立てたゲレーロ側が何とこれを拒否したという。

 一軍に上げる理由がない。ゲレーロの抹消後、外国人枠で争う先発助っ人のヤングマン、メルセデスがともに勝利を挙げている。古巣の中日関係者がこう明かす。

「これまで猫をかぶっていたようですが、やっぱりなという感じ。とにかくプライドが高いので、周囲はそこを意識して接しないといけない。故障ならともかく、ピンピンしているのに二軍に放置するなら、
首脳陣がとことん話し合って本人を納得させないとヘソを曲げてしまいます。対話拒否なんて序の口。そのうち、もっと大きな造反行為をするかもしれない。昨年、中日が強く引き留めなかったのも、そういう難しい一面があるからです」

2: 風吹けば名無し 2018/07/17(火) 14:41:31.62 ID:iLfE6lELa
 契約は来年まで残る。8億円もの大枚をはたいているだけに、球団としては元を取りたいのが本音。ただ、使い道がないどころか、火種になるなら、手を打つ必要がある。

 昨年も似たようなケースがあった。ロッテから2年4.8億円で獲得したクルーズだ。1年目の2016年に度重なる怠慢プレーが直らず、クライマックスシリーズで懲罰抹消。翌年は二軍暮らしが続いた。
2年契約の途中ではあったが、本人が強く出場機会を求めたこともあり、昨年7月、金銭トレードで楽天に放出されている。

「ただ、クルーズは二軍で3割をマークしていて、ロッテ時代にゴールデングラブ賞を獲得した内野の守備力も高かった。ゲレーロは二軍でも.111。
正直、二軍の首脳陣も困っています。一軍に推薦できるものは何もないし、かといって長居されるのも迷惑ですから」(二軍関係者)

 オフ、阪神などと争奪戦になった助っ人が、このオフにもトレード要員になる可能性が浮上した。

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする