【悲報】 イエスキリストさん、わりと自己中だった

1風吹けば名無し :2018/10/14(日) 05:53:50.88 ID:V698etcH0.net

マルコ福音書 一一章 一二~一四節

次の日に一行がベタニヤから出かけた時、イエスは空腹になられた。
そこで、遠くから葉の茂っているいちじくの木をごらんになって、
何か見つかるのではないかと、近づかれた。ところが、その木のところに来てみると、
葉ばかりで、何も見つからなかった。いちじくの季節でなかったからである。
イエスはそれに対し、その木に言われた、「おまえの実は、もういつまでも、ならないように」。
その直後木は枯れてしまった

ええ…?

2風吹けば名無し :2018/10/14(日) 05:54:58.50 ID:hWmb6yJy0.net

カスやんけ

3風吹けば名無し :2018/10/14(日) 05:55:42.50 ID:OvMrg0b10.net

ガイジ

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする