PR

三島由紀夫の性癖がヤバすぎるんやが……

PR
1: 2018/02/17(土)03:09:07 ID:SOr
・仮面の告白
三島の私小説
幼少期から男性や軍人に惹きつけられ
若い男が死ぬことに興奮

・午後の曳航
残酷な少年達は世の中を冷めた目で見ているが猫を解剖したり血を見ると興奮する
逞しい肉体の船乗りがその少年達に睡眠薬を盛られて解体される(小説では最終的にカットされる)

・憂国
二二六事件で仲間を討ちたくない軍人が国に背く
軍人は切腹し妻もそれを見届けた後に喉へ小刀を刺して自害

・愛の処刑
過失で生徒を死なせてしまった男教師のもとへ生徒の美少年が訪れる
「先生は僕の友達を殺した、悪いと思ってるなら先生も死んでください」
と言われ美少年に見届けられながら切腹をする
美少年は切腹の最中に、切腹が進んだら自殺させないように刀をとりあげて両手を縛って苦痛にのたうち回るようにしよう

3: 2018/02/17(土)03:14:59 ID:3Rp
まあそういう人って知れ渡ってるからな
17: 2018/02/17(土)03:27:54 ID:SOr
「僕、先生の苦しむ姿が見たかったんだ!」
18: 2018/02/17(土)03:28:00 ID:Grv
でも小説の主人公と小説家をあんまり重ねて同一視すんのはいただけないと思う
三島は私小説じゃないし私小説自体批判してたと思う
24: 2018/02/17(土)03:31:04 ID:Grv
三島のせいで当時防衛庁長官だった中曽根の将来が絶たれる可能性あったんだよな
全部現場責任者におっつけて逃れたけど
25: 2018/02/17(土)03:31:05 ID:in4
こんな変態は世界でもそうそうおらんやろなぁ
26: 2018/02/17(土)03:31:18 ID:buz
>>23
おもしろいと思うファンもいるのはわかってる 有名やからな やけどわいからしたらまったく面白くない
27: 2018/02/17(土)03:31:23 ID:6WG
「アドニス」とかいうゲイ向け雑誌に寄稿するくらいやしなあ
28: 2018/02/17(土)03:32:30 ID:SOr
ちなみに愛の処刑は完全に別名義で書いた小説で
三島は自分が書いた原稿を他人に丸写しさせて筆跡を特定されなあように配慮した
しかし死後三島の創作ノートが発見されて正式に全集に収録された
29: 2018/02/17(土)03:33:20 ID:ajl
美輪明宏さんが何か言いたそうにしてますよ。
30: 2018/02/17(土)03:33:22 ID:SOr
>>25
創作だけならサドとかもかなりヤバいけど
三島は現実に自分の性癖盛り合わせして死んだってのがヤバいと思う
だからこそ今でも話題になるんやろうけど
31: 2018/02/17(土)03:33:52 ID:Grv
>>26
三島って読んだことない初心者に勧められる小説がないから困る
太宰ならロマン灯籠や新解釈御伽草子があるけど
金閣寺もちょっとアレやし
美しい星とか?
32: 2018/02/17(土)03:35:15 ID:buz
>>31
金閣寺読みましたよ うん わけわからんわ なぜ評価されてるのか理解できなかった
33: 2018/02/17(土)03:35:26 ID:06B
>>30
マルキドサドとはまたベクトルの向きが違うよなあ
34: 2018/02/17(土)03:35:34 ID:SOr
三島事件は
・軍服、制服フェチ
・大義の為に死ぬ(憂国)
・国(自衛隊)に裏切られる
・だから切腹する(憂国、愛の処刑)
・純粋な青年に介錯してもらう(午後の曳航、愛の処刑)

という欲張りセットやからな

38: 2018/02/17(土)03:37:43 ID:EZ4
>>1
午後の曳航

動画で観たけどコレ昭和時代に一度、フランスで映画化されているで

39: 2018/02/17(土)03:38:12 ID:buz
小説なんて作家が言いたいことをわかりやすく面白くかきゃそれでいいものを
40: 2018/02/17(土)03:38:36 ID:EZ4
>>35
唯一健全な作品だと評価されるものだからねえ
41: 2018/02/17(土)03:39:18 ID:SOr
>>38
いやイギリスやろ?
42: 2018/02/17(土)03:39:22 ID:EZ4
>>39
ラノベでも読んでなさいな
43: 2018/02/17(土)03:41:08 ID:SOr
>>39
金閣寺って分かりやすく言えば
「自分には独特のこだわりがあるけどそのせいで孤独で、現実社会に適応できない」って内容なんや
そう考えるとかなり普遍的やない?
44: 2018/02/17(土)03:41:36 ID:EZ4
>>41
日米英合作やったなすまん
なぜかおフランスのイメージがあったんで…
46: 2018/02/17(土)03:43:31 ID:06B
国語嫌いで普段本読まないけど
三島由紀夫読みたくなってきた
明日本屋行くわ
47: 2018/02/17(土)03:44:24 ID:SOr
>>44
午後の曳航は海外でも人気の作品で
アーティストでもデヴィッドボウイとかが好きだったらしい
フランスのイメージあるのは分かる
48: 2018/02/17(土)03:44:27 ID:buz
>>43
普遍的ってどこが普遍的やねん 小説の中身も表し方もそんな感じやからわけわからんねん
49: 2018/02/17(土)03:45:12 ID:SOr
>>46
これで読みたくなるって…
50: 2018/02/17(土)03:45:35 ID:EZ4
ワイは爺さんの古い書庫から日本文学全集見つけて読んでいる口やが
全部昭和中ごろくらいに発行された黴臭いもんやが…
三島やと能に関する話もおもろいで
51: 2018/02/17(土)03:46:24 ID:SOr
>>48
誰でも生きていく以上は自分の理想があってそのせいで孤独になったり社会に馴染めないと思うもんやない?
52: 2018/02/17(土)03:47:24 ID:SOr
金閣寺で自分はいつか凄い芸術家になるという妄想
は根暗の思考が特に表現されてると思うわ
53: 2018/02/17(土)03:47:28 ID:EZ4
作者自身も自分で不適合者やと自覚してるやろからな…
生きづらいのを書くことで発散したんやろうな
54: 2018/02/17(土)03:47:42 ID:buz
>>51
あたかも総意のように 普遍的と表す精神が理解できない
55: 2018/02/17(土)03:49:07 ID:SOr
>>54
いや内容を吟味してみろや
それから普遍的かどうか自分で判断すればええだけの話
56: 2018/02/17(土)03:49:29 ID:EZ4
昔の書籍にモノクロで当時の川端さんと石原さんと同席している写真も
映ってたり…
なかなか感慨深い記録やで
57: 2018/02/17(土)03:49:57 ID:EZ4
石原が若くて驚いたが
58: 2018/02/17(土)03:50:00 ID:buz
>>55
吟味する価値ないほどつまらなかったからな
59: 2018/02/17(土)03:51:37 ID:Grv
>>58
共感できないなら仕方ないわな
60: 2018/02/17(土)03:52:08 ID:SOr
>>58
内容の読解ができずにつまらんで切り捨てるとか小学生かな?
61: 2018/02/17(土)03:52:40 ID:buz
>>60
専門書やないからな小説なんて娯楽や 読ませる気ない文書
62: 2018/02/17(土)03:52:48 ID:SOr
>>57
裕次郎の兄なだけあって石原もイケメンやね
63: 2018/02/17(土)03:53:22 ID:EZ4
しかしおまいも理解している割にこんな揶揄するような
ようわからん奴やけどな
64: 2018/02/17(土)03:54:05 ID:SOr
>>63
割と正直な感想やで
65: 2018/02/17(土)03:54:09 ID:Grv
万人受けするもんじゃないから
共感できないならできないでいいんじゃないの?
66: 2018/02/17(土)03:54:26 ID:EZ4
ヤバイんなら川端さんも同様やしね
ハードロリやであの爺は
67: 2018/02/17(土)03:55:16 ID:Grv
>>66
結局川端康成っていい歳して女中に手を出して振られたから死んだんかな?
邪推やけど
68: 2018/02/17(土)03:55:21 ID:SOr
>>66
川端はサイコパスっぽい
69: 2018/02/17(土)03:56:09 ID:buz
>>66
あ 察し わいの嫌いな作家二号やん なるほどね そういうことか根本的にそっちタイプの作家の思考が嫌いなことが判明した
70: 2018/02/17(土)03:58:26 ID:06B
深夜なのに盛り上がりすぎやこのスレ
一体どんな趣味嗜好職業の人達が集まってるんや

ワイなんてただの子育て中の睡眠不足野郎なのに

71: 2018/02/17(土)03:58:33 ID:SOr
>>67
そもそも精神を病んでるからいつ死んでもおかしくないと思う
72: 2018/02/17(土)03:59:45 ID:in4
>>70
子持ちj民たまにおるよなぁ
73: 2018/02/17(土)04:00:56 ID:SOr
>>70
ワイはただの春休みの学生
74: 2018/02/17(土)04:02:17 ID:EZ4
>>68
あの作品も何気にムカつくけどね
75: 2018/02/17(土)04:03:12 ID:06B
>>72
三島小説は取り敢えず買ったら手の届かない所に保管しとくわ
76: 2018/02/17(土)04:03:45 ID:pWC
>>1
よう連続殺人者(シリアルキラー)にならんかったな
77: 2018/02/17(土)04:03:58 ID:8ua
どこまでマジなんか怪しいけどなあ
78: 2018/02/17(土)04:04:28 ID:EZ4
>>75
ラノベとかじゃなければヘーキヘーキ
何しろまともな日本文学やさかい堂々としとけばええわ
79: 2018/02/17(土)04:05:12 ID:EZ4
>>77
子供のころからやと一応は書かれておらんか?
80: 2018/02/17(土)04:05:45 ID:SOr
>>74
確かにな
千羽鶴でも不倫あるよね
81: 2018/02/17(土)04:07:05 ID:06B
>>78
そういうもんか
活字慣れのきっかけになればええね
82: 2018/02/17(土)04:07:07 ID:SOr
>>76
少年時代の精神性のままだったら最後の事件も日本刀で斬りつけるテロになってたかもしれんね
面白いのが少年時代は他人の死や他人の肉体を破壊するS的な志向やけど
大人になると反転して自分の死や自分の肉体の破壊というM的な性癖に変わることやな
83: 2018/02/17(土)04:08:33 ID:SOr
>>77
元からそういう傾向があったんちゃうかな
仮面の告白が全部本当ではないとしてもやっぱり肉体の破壊とかが好きだったのはそうやと思うで
84: 2018/02/17(土)04:11:31 ID:Grv
神風連に憧れてたから切腹したのか
切腹に憧れてたから神風連の真似事したのか
85: 2018/02/17(土)04:12:41 ID:EZ4
イチが知ってるかわからんが性嗜好の怪しい作家やと他には
谷崎潤一郎おぢさまなんかもおるでえ
ワイはあれは絶対ショタ専やと思うさかい
86: 2018/02/17(土)04:12:46 ID:buz
文系ってそういう思考入るの好きだよね んなもん手紙か日記かなんか見つけて引っ張ってくりゃええのに なんで思考の中だけで片付けようとするかな
87: 2018/02/17(土)04:13:21 ID:SOr
>>84
元から肉体の破壊が好きでそれで日本文化としての切腹や神風連に惹かれたんやないかな
88: 2018/02/17(土)04:14:04 ID:EZ4
川端はフツウの死に方したんやっけ?自殺やが
89: 2018/02/17(土)04:14:31 ID:SOr
>>85
谷崎は谷崎でヤバいわ
90: 2018/02/17(土)04:14:58 ID:EZ4
ワイはまず少年すきと見たけど
91: 2018/02/17(土)04:15:11 ID:Grv
>>88
ガス管加えてガス自殺
それではガス自殺が流行ったから死なないガスに変わった
92: 2018/02/17(土)04:15:11 ID:SOr
>>88
ガス管くわえて自殺やね
川端は方法や形式にそこまで拘るタイプやなかったんやろうな
93: 2018/02/17(土)04:15:48 ID:SOr
シンクロしたわ
94: 2018/02/17(土)04:15:51 ID:EZ4
なんでしんだなやろなあ
年も年やし今更と
95: 2018/02/17(土)04:16:13 ID:EZ4
>>93
奇跡やなおめでと
96: 2018/02/17(土)04:16:34 ID:SOr
>>94
しかも仕事途中やしな
かなり突発的
それと比べると三島は本当に綿密に計画練ってたんやなあって思う
97: 2018/02/17(土)04:17:21 ID:pWC
>>82
アルバート・フィッシュみたいのもおるけどな
まぁわからんわ
98: 2018/02/17(土)04:18:41 ID:EZ4
>>96
でも子供いるし身内にはものすごく迷惑かけたとは思うけどねえ
芥川太宰も同様に
99: 2018/02/17(土)04:19:48 ID:SOr
>>98
まあそれはしゃーないな
かといって事前に話すわけにもいかんし
本当にギリギリ最大限バレないように被害最小限にっていう計画やと思う
100: 2018/02/17(土)04:19:51 ID:Grv
>>96
三島は本気で自衛隊を蜂起させようとは思ってなかったやろねえ
結末わかってての心中やから
101: 2018/02/17(土)04:20:32 ID:SOr
三島は何人か斬って傷与えちゃったけど
客観的に見れば最初からそのつもりは無く
言うこと聞かずに抵抗したからやむなしって感じやし
102: 2018/02/17(土)04:20:43 ID:06B
今いる作家で、性癖暴露したりあるいはされたりしてる人っているんだろうか
103: 2018/02/17(土)04:20:50 ID:EZ4
>>99
死ぬなら他の作家同様にせめて大人しく死ねとしか言えんね
104: 2018/02/17(土)04:21:11 ID:SOr
>>100
それはその通りやな
だから右翼の人が三島持ち上げてると違和感しかない
105: 2018/02/17(土)04:21:20 ID:EZ4
>>102
漫画家ではひとりおったやんけ…ひとりな
106: 2018/02/17(土)04:22:09 ID:Grv
顔パスで日本刀持ったまま総監室に入れてしまう自衛隊サイドにも問題あるけど
本気で蜂起させる気やったら拡声器使うやろ
108: 2018/02/17(土)04:23:30 ID:EZ4
今のプロなんて自殺するにも大人しいもんやしな
こんなはた迷惑に騒ぎ起こして死ぬ馬鹿はもういない
110: 2018/02/17(土)04:25:12 ID:Grv
全都民の飲料水に身投げして死ぬ文豪もおるしな
113: 2018/02/17(土)04:26:43 ID:cP5
鳩山由紀夫?
114: 2018/02/17(土)04:27:24 ID:EZ4
ポッポー♪
115: 2018/02/17(土)04:28:08 ID:SOr
>>112
そう?江戸時代っぽい派手な構図と日本刀と肉体と血と臓器と青空と桜の花って綺麗なイメージやと思うけど
116: 2018/02/17(土)04:28:16 ID:06B
>>109
なんやこいつ…
117: 2018/02/17(土)04:30:00 ID:EZ4
>>115
すまんな
大友がそう言われたから合わせて言っただけやで
118: 2018/02/17(土)04:30:52 ID:Grv
>>115
山口貴由はギャグでやってるからなあ
シグルイの原作の南條範夫なんかが三島の憧れてた江戸時代の不条理をよく書いてた作家やろ
119: 2018/02/17(土)04:31:04 ID:EZ4
ちな大友だと童夢が好き
120: 2018/02/17(土)04:31:49 ID:pWC
解剖とか解体とか切腹とか
内臓に性的興奮してたんかもしれんな
121: 2018/02/17(土)04:31:51 ID:SOr
>>118
いや肉体の破壊と臓器の露出はギャグじゃないと思うぞ
それと身分制的な世界の理不尽は別の話やね
122: 2018/02/17(土)04:32:33 ID:EZ4
>>119
理屈や説明でなく画力で押してく迫力に圧巻される
あの頃の彼はスゴかった
126: 2018/02/17(土)04:34:32 ID:EZ4
>>123
この系統を継いでいったのが少女漫画家の吉田秋生
バナナ序盤では読者受けが悪くて嫌われてたけどな…
127: 2018/02/17(土)04:35:11 ID:SOr
>>123
この頃の大友の漫画って面白いか?
表現が画期的なのは分かるけど画力で言っても童夢やAKIRAの方が魅力的やと思う
128: 2018/02/17(土)04:35:11 ID:06B
>>120
ある意味腹上死やな
129: 2018/02/17(土)04:35:29 ID:Grv
ちな三島由紀夫が好きだったマンガは
鉄腕アトムと明日のジョー
ジョーは続きが早く読みたくて編集部押し掛けるくらい
130: 2018/02/17(土)04:36:05 ID:EZ4
>>127
まあまだ初期時のものやからね
そこは好き嫌い強くても仕方がない
131: 2018/02/17(土)04:36:05 ID:SOr
>>129
あと水木しげるの宇宙虫も褒めてたな
三島はほんと守備範囲広すぎや
色んなカルチャーに手出してる
132: 2018/02/17(土)04:36:12 ID:6WG
大友克洋と石ノ森章太郎が同じ高校出身という事実
133: 2018/02/17(土)04:36:32 ID:EZ4
>>129
子供やなあ
カワイイともいうべきか…
134: 2018/02/17(土)04:36:56 ID:EZ4
>>131
ボデービルダーやし
大正生まれなのにねえ
135: 2018/02/17(土)04:37:06 ID:6WG
>>131
数少ない1954年版ゴジラの人間ドラマ部分を評価してたりしたからなあ
136: 2018/02/17(土)04:37:35 ID:54F
>>127
単純に絵とか構成でたまげられとったし
当時としてもマニア向けやったみたいやな
142: 2018/02/17(土)04:41:04 ID:EZ4
三島から漫画やあらゆる分野に広がってなかなか興味深いな
スポンサーリンク
広告
太もも
広告
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告
太もも