北海道知事「札幌より先に新幹線を伸ばすことも考えなければ。旭川、さらに稚内まで。新千歳空港も」

1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [ニダ] 2018/05/24(木) 13:11:14.40 ID:zFsyC/ZL0 BE:228348493-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
北海道新幹線「旭川延伸」と「南回り」を議論へ。「次の整備新幹線」競争激しく
http://tabiris.com/archives/hokkaido-shinkansen20180522/

北海道知事が、北海道新幹線の札幌以遠の延伸について議論を始める考えを示しました。
四国や山陰など、他地域での新幹線基本計画路線の建設運動を意識した動きです。
「次の整備新幹線」へ向けた格上げ競争が激しくなってきました。

北海道の新幹線計画としては、建設中の北海道新幹線札幌延伸のほか、同新幹線の「旭川延伸」と、
室蘭を経由する「北海道南回り新幹線」があります。札幌延伸は整備新幹線として建設が決定していますが、
「旭川延伸」と「南回り新幹線」は基本計画路線で、建設は具体化していません。

(中略) こうした状況に危機感を持ったのか、北海道の高橋はるみ知事は、2018年5月18日の記者会見で、
北海道新幹線札幌延伸の開業時期前倒しに意欲を示した後、「その先をどうするかということも
大いに関心があります」と述べました。
知事は、「できれば稚内までと思いますけれども、それだと道東の方々はどう思われるのか」
「収益を上げるという意味では、新千歳空港までつないだほうが良い」と続け、具体的な地名として「稚内」と「新千歳空港」の2つを挙げました。

「稚内」という発言は宗谷海峡トンネル構想を意識したのかもしれませんし、
最果てという意味に過ぎないかもしれません。宗谷方面は新幹線の基本計画路線に含まれていませんが、旭川までは含まれます。

札幌~新千歳空港間は、北海道南回り新幹線のルートで、過去、リニアモーターカーの建設が検討されたこともあります。
同区間を走る在来線の千歳線は、北海道内では最も線路容量が逼迫しており、「線増」という意味で必要性が高い区間です。


続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする