インド男性、66年伸ばした世界最長の爪をついに!!!

1: 2018/07/13(金) 10:08:32.33 ID:vx32ff8v0

世界最長の爪を持つ男性が、66年間伸ばした爪を切った。
インド・プネーに住むシュリダハル・チラールさんは、14歳だった1952年に偶然自分の長い爪を壊してしまったあとに教師に叱られて以降、爪を伸ばしていた。

チラールさん(82)が最後に長さを測ったとき、全て合わせると9メートル9センチに達していた。
最も短い爪は人差し指で1.64メートル、最も長い爪は親指で1.97メートルだった。ギネスには2015年に登録された。

チラールさんは爪を切る決断の理由として、長く思い爪のため、手を開けずに常に痛みを感じていると告白した。

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする