PR

高校3年生の春、ある日の放課後、A先生に「明日の説明会で聞きたいことまとまってる?」と身に覚えのない話をされた

PR
6551 2012/09/20(木) 22:51:49.88 O
なんとなく思い出した高校時代の修羅場話を投下

高校3年生の春、ある日の放課後に委員会の仕事をしてた時に
通りすがりに私を見つけたらしいA先生に声をかけられた。

A先生「私さん、いよいよ明日だね!聞きたいことはもうまとまってる?」
私   「えっ?すみません、何の話ですか?」
A先生「えっ?…明日の説明会の話だよ?」
私   「え、何の説明会ですか?」
A先生「えっ」

事情がよく飲み込めなくて、詳しく話を聞いてみたところ、こんな↓話でした。

私の通っていた高校で、●●大学の説明会前日にちょっとしたトラブルが起こり
説明会に行けなくなってしまった生徒が大勢出た。
生徒たちのせいではないし、誰が悪かったというわけでもない学校のトラブルが
原因ということで、校長や学年主任の先生が●●大学の方々と話し合い、その結果
救済措置として何人かの教授と講師の方が、個人的にうちの高校に来て簡易説明会を
開いてくださるということになったそう。

この「救済措置」については、うちの高校のみが対象で、かつ今年限りのことなので
●●大学のホームページ等にも載っていない。
故に、生徒がそのことについて知る術は、うちの高校の教師から直接聞く以外にない。
そしてこの情報は、職員会議で周知されており、各々担任するクラスの生徒たちに
ホームルームの時にでも伝えておくこと、と言われていたらしい。

続きを読む

スポンサーリンク
広告
太もも
広告
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告
太もも