野球ライター「ロッテが福浦に200打席も与えながら村田の獲得に動かなかったのは不可解」

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1537672709/

1: 風吹けば名無し 2018/09/23(日) 12:18:29.18 ID:7CSzl7aPp

ロッテの福浦和也が2000本安打を達成した。プロ野球史上52人目の金字塔だ。しかしこの記録達成には、チトすっきりしない部分もある。

福原は42歳9ケ月での達成で、これは2015年に42歳11ケ月で2000本に到達した和田一浩(中日)に次ぐ2番目の年長達成だ。和田はプロ入りが遅く30代になってからレギュラーの座を掴み、2000本安打の時点でも重要な戦力であった。しかし、福浦の場合は30代後半から衰えが否めず、ここ数年は「2000本安打のために機会を与えられている」印象は拭えなかった。球団側が勝利追及の方針を打ち出していたなら、かなり前に現役を退いていた可能性が高い。

2000本安打のような「積み上げ型」の記録を達成するには、卓越した技術だけでなく、長い現役期間を実現する強靭な肉体とスピリット、そしてその結果としての戦力としての重要度を維持していることが肝要だ。

しかし、福浦の場合は戦力性の維持に関しては大いに疑問だ。もちろん彼の努力には敬意を払いたい。しかし、フランチャイズヒーローである彼をプロモートしたい球団のマーケティング戦略に支えられていた部分は否定できない。正直なところ、今季にしても打率2割、OPS5割という成績は大げさに言えば「投手級」でしかない。球団が福浦に200打席近くも与えながら村田修一の獲得に動かなかったのは不可解としか言いようがない。

今回の福浦の2000本安打は、記録のための出場をずるずると続けた鳥谷敬の連続試合出場ほどではないが、記録の尊厳が損なわれかねない行為だったと言えよう。記録はあくまでガチンコで達成してこそ意義があるのだ。
https://news.yahoo.co.jp/byline/toyorashotaro/20180923-00097934/

225: 風吹けば名無し 2018/09/23(日) 12:37:01.25 ID:/G6mE1Wyd
これは百里ある

36: 風吹けば名無し 2018/09/23(日) 12:24:33.11 ID:AaeEbZah0
トリタニwwwwwwwwwwww

3: 風吹けば名無し 2018/09/23(日) 12:19:05.37 ID:ghYV7EpI0
来年も現役だから記録のためじゃないし

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする