巨人対ヤクルトは3-2でヤクルトが逃げ切る!ヤクルト連敗3でストップ!巨人は9回に追い上げるもまたも1点差負け・・・

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529827564/

06_24_17_24_38_308.mp4_snapshot_00.00_[2018.06.24_17.28.57]
06_24_17_24_38_308.mp4_snapshot_00.05_[2018.06.24_17.28.59]
06_24_17_24_38_308.mp4_snapshot_00.17_[2018.06.24_17.29.21]

ヤクルト連敗3で止まる 西浦が殊勲打!巨人、沢村救援失敗で勝率5割復帰ならず

 ◇セ・リーグ ヤクルト3―2巨人(2018年6月24日 東京D)

 ヤクルトが巨人に逃げ切り勝ちし、連敗を3で止めた。昨年9月10日から続いていた東京ドームでの巨人戦の連敗は7でストップ。

 ヤクルト・小川、巨人・今村の息詰まる投げ合い。スコアボードに0が並ぶ中、試合が動いたのは7回だった。

 ヤクルトは畠山からの3連打などで1死満塁の好機をつくり、今村をマウンドから降ろすと、ここまで6回無失点と好投の先発・小川の打席で、代打に荒木を起用。巨人2番手・沢村を相手に、その荒木は見逃し三振に倒れたが、続く西浦が左中間を破る走者一掃の二塁打で均衡を破った。

 小川は6回4安打無失点で自身4連勝となる今季4勝目。チームは同一カード3連敗を阻止して、交流戦王者の意地を見せた。

 巨人は、打線が再三の好機を生かせなかった。3点を追う8回には相手ミスにも乗じて無死一、二塁としたが田中俊、マギー、岡本が打ち取られ無得点。9回にようやく阿部、宇佐見のタイムリーで1点差まで迫ったが及ばず。5月26日以来となる勝率5割復帰はならなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00000123-spnannex-base

834: 風吹けば名無し 2018/06/24(日) 17:24:16.06 ID:ojYs4tfC0
しってた

836: 風吹けば名無し 2018/06/24(日) 17:24:16.37 ID:kZPufGA50
惜しかったなー

続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする